検索
  • kaori nakao

ホールスクールとは?

最終更新: 1月26日

私たちの考えるホールスクールとは、 大人も子どもも周りのみんなが学べる学校という意味です。 毎日通う子どもたちがいる中で、月に数回のOPEN DAYを設けます。 その日は、特別講師の皆さんが先生です。 どんな講師の先生が、どんな授業をしてくれるのか? それはこちらのホームページの方で2ヶ月ごとに、お知らせしていきたいと思います。 その先生の授業を受けてみたいな!と思った大人も子どももお申し込みが可能です。 入学を決める前にOPEN DAYから利用してみるのも良いかも知れません。 大人と子どもが一緒に学ぶ事は、お互いに良い面があると思っています。 大人の考える質問。 子どもの考える質問。 お互いにそれを聞くことで、お互いに刺激されて、学びは深まり、広がって行くでしょう。 そんな新しいスタイルの学校です。




186回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルールはどうやって作られる?

入港式より2ヶ月弱が過ぎようとしてる。 入港した子供達は、学年もバラバラ。初めましての子どもたち。大人も同じく1年生。みんな毎日が新しいページをめくっているような日々。 忙しくても、晴れていても、大雨でも、毎日ページはめくられる。 特別講師の皆さんの授業も始まり、毎週刺激的なOPEN DAYがあったり、ルーティンの落ち着いた授業があったり、子ども商店の時間があったりする中、変わらないのは、毎日の

心のコップ

もう何十年も現場でこの話をし続けている。 なので、次はこれを絵本にしようと思っている。 実は、もう一つよく話すものがあり、それはいよいよ5月に絵本になって世に羽ばたく予定。みなさまどうぞお楽しみに!もう刷り上がっているけれど、もうちょっと手作り感を感じて頂ける仕様にする為に、準備中。 どちらも内容はとてもシンプルなお話。 簡単なこと。でも、それが結構難しかったりするんだよね。 大人だって人間。