大竹.png

チャハット代表

オオタケシゲヲ

1966年東京生まれ

1993年チャハットをはじめる。ネパール、インドなど主にアジアの雑貨、布などを販売。

1999年逗子に移転。鎌倉と逗子に店舗を構える。

2015年より俳句を始める。現在 俳句結社「澤」同人。

2019年 叢林賞受賞

言葉の海に漕ぎ出そう!

 青い海、深い海、やさしい海、つめたい海、丸い海、とがった海、おいしそうな海。

 言葉と言葉が組み合わさると新しい世界が広がります。新しい友達に出会って面白いことが始まるのに似ていますね。俳句は十七音で表現する世界一短い詩です。とても短いですが、俳句を作っていると、時々空を飛んだり、海に潜ったりしていることに気がつきます。たまには宇宙に行けたりすることも。

 Telacoya小学校に入ると海や山で様々なものに出会うと思います。あれ何だろう、よくわからないけど面白いな。そんな小さな気づきは想像力の入り口です。少し扉を開けて、俳句の世界をのぞいてみましょう。

 

飛魚や航海日誌けふも晴れ 

(松根東洋城)

 

秋の暮大魚の骨を海が引く 

(西東 三鬼)

 

木がらしや目刺にのこる海の色

(芥川 龍之介)

 

本の山くづれて遠き海に鮫 

(小澤 實)

少年の影じつとして磯巾着 

(川崎 展宏)

 

ひらかなのやわらかさもて春の海

(富安 風生)

 

のびるのびる犬のリードや浜のどか

(オオタケシゲヲ)

『海の俳句あれこれ』