寒川.png

アウトドアライフアドバイザー

寒川 一(さんがわはじめ)

1963年 香川県生まれ

40年以上のアウトドア経験を活かしてラジオ、テレビ、雑誌などのメディアで活躍中。

三浦半島を拠点に焚き火カフェなど独自の

アウトドアサービスの展開やアウトドアブランドのアドバイザーもつとめる。

また、楽しみながら備えるをコンセプトにアウトドアを防災につなげる活動も継続中。

【著者】

『新しいキャンプの教科書』池田書店

『アウトドアテクニック図鑑』池田書店

火起こしが出来てナイフを安全に使える子供に

アウトドアで生き抜く力をインストールしよう

 私はアウトドア遊びが大好きでこれまで四季を問わず山や海にでかけました。フィールドでパートナーに出会い、子どもを育て、気がつけば40年以上もアウトドアを楽しんできました。

 アウトドアには、人が生きていくうえで必要な知恵や技術がたくさん詰まっています。また、昨今では、地球温暖化による自然災害の増加や、大型地震のリスクも高まっています。一般の学校では教えてくれないアウトドアの経験や技術の習得が、これからの時代を強くたくましく生き抜く上で必須科目だと思っています。

 目指すは自ら火が起こせ、ロープを結び、刃物を安全に取り扱える子供。自分を守り、家族を守り、仲間や他者も守れる。いざという場面で、大いに役立つアウトドアスキルを、葉山という自然環境に恵まれた場所で、子供たちと一緒に楽しく学べたらアウトドアに携わってきた人間としてこれほど喜ばしい事はないです。