安川.png

クリエイティブディレクター

安川信成(やすかわのぶしげ)

1965年  埼玉県生まれ 

株式会社 野武士 代表取締役

雑誌社の編集やレントゲン技師助手、料理人などを経て、株式会社電通テックに入社。

その後、株式会社電通にて日本たばこ、CANON、キッコーマン、日本郵便、スバル、ダイハツなどなど沢山の企業のブランディングやセールスプロモーションのためのクリエイティブディテクションを担当させていただきました。

趣味:サッカー/スキー/映画鑑賞/料理

好きな言葉:

男児立志出郷関 学若無成不復還

〔HP〕https://www.nobushi.org

「伝える・知ってもらう」という行為は

相手を思いやることからはじまる。

 長年広告という仕事に携わってきました。「広告」とは字の如く、広く告げること。広告主の思いをただぶつけても、その思いは伝わらないことが大半です。相手に興味を持ってもらい深く理解してもらうためには、相手の気持ちを考えることが不可欠です。

 このコミュニケーションは広告に限ったことではないはずです。普段の生活の中でも一番大切なことではないでしょうか。

 自由を謳歌するには、最低限の周りに対する気配り、思いやりがあってこそだと思います。ITやスマホなどのテクノロジーが進歩していく中、人と人との繋がりが浅くなり、他者への関心が薄れていくことがとても心配です。

 「One for All, All for One」人に優しくなれる人は、自然と周りからも優しくされます。それは、人に対してだけでなく、動物に対しても、植物に対しても。仲間との共同生活の中で、生きているのはなく、生かされているという謙虚さを知ってもらえたら嬉しいです。