検索
  • kaori nakao

海の入り口

 学校が始まって1週間。まだまだ初めてのことだらけで、通常モードにはなっていない。

それでも、毎日の米炊きは続き、味噌汁作りもなんとなく担当が決まりつつある。全部やってみたい子、一つのことを続けたい子、取り組み方もいろいろ。もっともっと先にどうなっているのかを想像して、毎日を積み重ねて行きたい。


 やっと海岸まで行った日。

おうちえんTelacoya921の幼稚園児や、まちの保育園鎌倉の保育園児との散歩からは想像出来ないほど、ゆっくり。笑 のんびり。笑

幼稚園児、保育園児の距離の半分ほどだけど、大きい学年ほど「疲れた〜」「もう足が動かない〜」とグダグダ 笑 重ねることの大切さを痛感! これからは、ますます毎日行くぞ!!!  道路のマンホール探しをしながら歩いた。水道、下水、電気、消火栓いろいろあった。津波避難経路の表示。海抜何mの表示。いつでもどこにでも避難出来るように、意識していこう!  それでも海岸につけば、それぞれが遊びを見つけて楽しそう。 どこまでも高く砂山を作りたい子、生き物を探す子、漂着物を探す子、砂浜を猛ダッシュで走る子(さっきまで疲れてたのに、、、笑)  そんな中、海の中で鍵を見つけた。  なんの鍵だろう?

 

 誰かの家の鍵かな?

 海の入り口の鍵じゃない?  みんなで考えていた時、海の上を指差して「海に道みたいになっているところがある、ほら!あれなんだろう?」という声が。

 潮目を見つけたのだ。沖に向かって、潮目がスーッとのびている。


 潮目とは何か?という話をしていたら、「そこじゃない!」という声。潮目の海の底に、海の入り口があるのだというのだ。


 なるほど!!!  今度暖かくなったら、潜ってみようということになり、それまでこの鍵を大切にとっておくことになった。


 海の入り口。どんな形をしているのかな?そこに入ると中はどうなっているのかな?


186回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルールはどうやって作られる?

入港式より2ヶ月弱が過ぎようとしてる。 入港した子供達は、学年もバラバラ。初めましての子どもたち。大人も同じく1年生。みんな毎日が新しいページをめくっているような日々。 忙しくても、晴れていても、大雨でも、毎日ページはめくられる。 特別講師の皆さんの授業も始まり、毎週刺激的なOPEN DAYがあったり、ルーティンの落ち着いた授業があったり、子ども商店の時間があったりする中、変わらないのは、毎日の

心のコップ

もう何十年も現場でこの話をし続けている。 なので、次はこれを絵本にしようと思っている。 実は、もう一つよく話すものがあり、それはいよいよ5月に絵本になって世に羽ばたく予定。みなさまどうぞお楽しみに!もう刷り上がっているけれど、もうちょっと手作り感を感じて頂ける仕様にする為に、準備中。 どちらも内容はとてもシンプルなお話。 簡単なこと。でも、それが結構難しかったりするんだよね。 大人だって人間。

子どもだけじゃない大人にも「愛」が必要!

大変にご無沙汰してしまいました。 一般社団法人Telacoya921の発祥の地と位置付けられる「おうちえんTelacoya921」(認可外幼稚園)の卒園式が3月20日春分の日に無事に終了した。 毎年、たくさんの人の愛に溢れるこの日は、私の法人にとって勝手ながら「自画自賛の日」となっている。 参加する卒園児と家族はもちろんのこと、そのお祝いに駆けつけようと卒園した小学生とその家族も参加してくれる。