検索
  • kaori nakao

大人は気づいていないかも

昨日は、敷地の井戸を開けてみる作業があった。 中はどうなっているのかな? 開けたらオバケが出て来たりして? 石を落とすと、ポチャン!って音がするから水がすぐそこにあるみたい。 どのくらい深いのかな? 覗くと見える水面から下はどうなっているんだろう? 井戸屋さんが来て下さり、みんなで森戸神社の清め塩をまいてからOPEN! 早速覗き込むと、水面がすぐそこに。 何だか浅く感じてしまう。 水深を測る道具が出て来て、そこでクイズ! さてさて深さはどのくらいでしょう? 「30m!」「いや50m!」 いよいよその道具をスルスルスルスル〜と水の中へ。 ジーーーーっと結果が出るのを待つのかと思いきや、ハイ!「4m!」意外と浅かった! とは言え、すべての水を抜いて底が見えると、4m先の底はすごく遠い。 感覚の差に驚く。 何度も井戸を覗き込んでは、散らばり、また覗き込む子どもたち。 抜き出す水も、蓋がしてあった井戸の中の水は溜まっていたイメージ。ぬるいのかな?と想像していたようで、触ると「冷たーい!」とこれもびっくり。 ガイコツも、オバケも出ないで無事に本日の作業は終了〜 子どもたちが帰った後、井戸屋さんが「自分にとってはいつものことだけど、そうか、子どもたちにとっては全てが興味の矛先になるんですね〜という気づきが新鮮でした」と。 井戸も、道具も、調べ方も、出てくる水も、何でもかんでも不思議なもの。 子どもたちの側にいるとそれは当たり前のことで、なんでも不思議だからこそ、学びに繋がるのだと思うけれど、そこにびっくりする大人の方が多いのかも知れない。 そう思うと宝の持ち腐れのような人がたくさんいるはず。 それを証拠に、作業が終わってから井戸屋さんとしばし歓談していると、井戸屋さんの今までの生き方が、すごくおもしろくて!! 『そっち子どもたちに話して下さいよ〜〜!』と懇願してしまった。笑 こちらは、井戸の作業が全部終わってからのお楽しみ。 彼にとっては、ちょこっと行って来たという感覚の話だが、もうね、さわりだけで「そこか!?」といういろんなチョイスの仕方がナイス。 すぐさま、学校の仲間に巻き込ませて頂きました! きっとこういう大人がまだまだたくさんいるはず。 私は井戸は掘らないけれど、そういう大人をまだまだ発掘し続けよう! 出会いは本当に楽しい!













220回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルールはどうやって作られる?

入港式より2ヶ月弱が過ぎようとしてる。 入港した子供達は、学年もバラバラ。初めましての子どもたち。大人も同じく1年生。みんな毎日が新しいページをめくっているような日々。 忙しくても、晴れていても、大雨でも、毎日ページはめくられる。 特別講師の皆さんの授業も始まり、毎週刺激的なOPEN DAYがあったり、ルーティンの落ち着いた授業があったり、子ども商店の時間があったりする中、変わらないのは、毎日の

心のコップ

もう何十年も現場でこの話をし続けている。 なので、次はこれを絵本にしようと思っている。 実は、もう一つよく話すものがあり、それはいよいよ5月に絵本になって世に羽ばたく予定。みなさまどうぞお楽しみに!もう刷り上がっているけれど、もうちょっと手作り感を感じて頂ける仕様にする為に、準備中。 どちらも内容はとてもシンプルなお話。 簡単なこと。でも、それが結構難しかったりするんだよね。 大人だって人間。