検索
  • kaori nakao

ルールはどうやって作られる?

 入港式より2ヶ月弱が過ぎようとしてる。 入港した子供達は、学年もバラバラ。初めましての子どもたち。大人も同じく1年生。みんな毎日が新しいページをめくっているような日々。


 忙しくても、晴れていても、大雨でも、毎日ページはめくられる。


 特別講師の皆さんの授業も始まり、毎週刺激的なOPEN DAYがあったり、ルーティンの落ち着いた授業があったり、子ども商店の時間があったりする中、変わらないのは、毎日の火おこしと米炊き。師匠と呼ばれる子どもから任せることを任命された子は、一人で火おこしから米の炊き上げまでやりこなす。大人は安全のためにそばについているだけ。  毎日炊き立てのご飯が食べられるということは、なんともシアワセである。


 この毎日の米炊きを見ていても、大人が係を振り分けたりしないが、火をおこし炊き上げまでを請け負う人、火おこしはあまり積極的にしないが、薪割りをせっせとする人、火付け用のシュロの皮や麻紐を細かくする作業をする人、などそれぞれが自分で仕事を見つけている。絶妙なバランスでその仕事は行われており、細い薪が少なくなると「やっておくよ」となり、仕事を取り合うことも、どこかの仕事が誰もいないという事態もほとんどない。


 「同じ釜の飯を食った仲間」というが、本当にそのものだ。


 そんなみんなに入港式の翌日に伝えたことは「この学校にルールはない。みんなでルールを考えていけばよい。ルールとはなぜ出来るのか?ということを考えよう」だった。


 4月は揉め事も多くて、その度に「そろそろルール決めようぜ!!!」という声が子どもたちから飛び交っていた。「どんなルール?」「やめて!って人が言ったら1回でやめるルール」「それいいね!!」「くすぐるのは無しにするルール」「なんでくすぐっちゃいけないの?」「しつこくなるから!」「追いかけっこはキャーキャーうるさいから無し!」「声出さなきゃ良いじゃん!」などなど。  結果、、、、 今、この学校にあるルールは「人がやめて!と言ったらやめること」だけ。 とは言え、3回くらい「やめて〜やめて〜やめてってば!」とか聞こえてくるのが現状なのだが、、、、(笑) でも、それ以上にルール増やそうとしては、やめようとなり、、、を繰り返している。


ルールがたくさん出来ることはもったいないことだから。 それを子どもたちが理解しているから増やさないのだと思う。


この先も、自分たちでルールを作っていけば良い。

同じ釜の飯を食って仲間になれば、きっとたくさんのルールはいらないだろうな。


92回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心のコップ

もう何十年も現場でこの話をし続けている。 なので、次はこれを絵本にしようと思っている。 実は、もう一つよく話すものがあり、それはいよいよ5月に絵本になって世に羽ばたく予定。みなさまどうぞお楽しみに!もう刷り上がっているけれど、もうちょっと手作り感を感じて頂ける仕様にする為に、準備中。 どちらも内容はとてもシンプルなお話。 簡単なこと。でも、それが結構難しかったりするんだよね。 大人だって人間。

子どもだけじゃない大人にも「愛」が必要!

大変にご無沙汰してしまいました。 一般社団法人Telacoya921の発祥の地と位置付けられる「おうちえんTelacoya921」(認可外幼稚園)の卒園式が3月20日春分の日に無事に終了した。 毎年、たくさんの人の愛に溢れるこの日は、私の法人にとって勝手ながら「自画自賛の日」となっている。 参加する卒園児と家族はもちろんのこと、そのお祝いに駆けつけようと卒園した小学生とその家族も参加してくれる。