Greetings from the principal

校長あいさつ

校長.png

学校長

小石 秀樹

 

1964.10.27生まれ

中学生まで九州・沖縄で過ごす

中学卒業後横須賀市にある、 陸上自衛隊少年工科学校に入学(入隊)し、 約40年間(約30年間を教育現場)で過こし2019.10定年を迎える

主な勤務歴:自衛隊体育学校、航空学校、東部方面混成団、災害派遣多数。約10年前から葉山町在住

保有資格等:スポーツプログラマー、JATI-ATI、SAQインストラクターなど各種スポーツ資格、介護職員初任者研修、大型自動車免許、牽引免許、小型船舶(2級・特殊)免許

主 な 活 動:葉山町スポーツ推進委員/神奈川県スポーツ推進委員研修部会員/葉山ライフセービングクラブ理事葉山陸上競技協会普及副部長(葉山陸上教室コーチ)

自然豊かなこの葉山で、沢山の体験を通じて、

緒に汗をかき、悩み創造し、

多くの人と接し意見を交換しながら学び成長しよう。

私は、中学校まで九州・沖縄を転々としながら育ちました。

小学校5つ、中学校2つに通い戸惑うことも多かったなか、自然の中(外)で遊ぶのが大好きだったのが幸いし、直ぐに友達や遊び場ができ色々なことを学ぶ事が出来ました。

特に沖縄での生活(小学校低学年)以降は海が大好きで、楽しく遊ぶために海の干満、天気、魚やカニの習性・採り方などを必死に学んだ記憶があります。

この頃の体験が、今の自分を作っていると思います。

中学を卒業後直ぐに、自衛隊に入隊(昨年10月に無事定年退官)しましたが、体を動かすのが好きでどうしたら速く走れる・強くなれるという思いから、自ら学び・体験し成長していったと思います。

そしてその経験は、人に伝える指導者になりたいという気持ちに変化し、更に学んだ事で、その殆どを自衛隊体育学校の教官として過ごす事が出来ました。

好き・本気はやる気につながり、そしてその努力は結果につながることを実感しました。

自衛隊生活の半数以上を教育現場で過ごした事で、多くの若い隊員と接して、体力やコミュニケーション力の乏しさが子供の頃の生活・学びに大きな影響をうけていることを痛感し、どうしても子供に関わる仕事がしたいと思うようになりました。

今は、子供の陸上・スイミングコーチ、ライフセーバー活動などを行っています。

今回、このような学校という場で思いが実現できることをとても嬉しく思っています。素晴らしい講師の方々の協力を頂きながら、沢山の体験の場を安全に提供することで、

子供たちの成長につなげていきたいと思っています。

Full-time staff

常勤スタッフあいさつ

國井.png

子どもサポーター・カヤック担当

國井 克修

 

東京都出身

小さい頃、海は海水浴のみ。幼少より水泳を始める。中、高校水泳部にてプール漬け。

海洋生物カメラマンアシスタント、ラフトガイドを経てカヌー・ヨット・素潜りに出会い現在葉山在住。

 

保有資格等:臨床検査技師/臨床工学技士/Emergency First Resonse instractor

RAJリバーガイド/JRCA シーシニア

海へ山へ、 

そして何でだろうと思う好奇心の海原へ、

みんなで一緒に漕ぎ出しましょう。

「人生楽ありゃ苦もあるさ」と、子供の頃に祖母と見た番組で歌われていました。そう、今思えばその通り。楽を山、苦を谷だと表現できるかなと。なぜその時、山になったのか?そして谷になったのか?その原因を自分なりに分析してみると、その時々のタイミングと私の性格に答えが出ました。性格についてよく言われますが(自分の事は1番分からんのよ)と昔お世話なった方に言われました。小さい時から今までの自分を省みるとこだわりが強かったり自分の中のルールがあったりで自分自身の心をコントロールする事が少々苦手な少年だったなと思います。

何でだろうと考えるが答えが見つからずにもんもんとしていました。その当時を振り返り考えるてみると少し生きづらかったのかと思います。そんな時に心を癒してくれたのが海や山でした。心の中を無条件で満たしてくれるその経験が心の支えになりました。その時の経験が元となり心の凸凹が少し整理ができ理解ができた思います。もしも、子どもの時にこの心の凸凹を理解し、わかってくれる大人に出会えたのなら、もう少し生きやすかったのかなっと思います。今、(何となく何かわからないけど、いろんな事が上手くいかないなー)とか(いろいろと辛いなー)と思っている子がいたのなら、(わかるよ、その気持ち)と言ってあげられる。その気持ちに寄り添いながら、そして(どうしたら良いかなー)と一緒に考えて、

一緒に乗り越え育っていけたら素敵だなと思います。共に学び考え成長できる場所を一緒に作りましょう。本当に子供でいられる時間は短い、その大切な時間をみんなで共有しましょう。

さあ、みんなで海や山や人生に漕ぎ出しましょう。